FANDOM


8G以上のSDカードで自動起動する 編集

検索してたら凸山さんのサイトRefresh Your Brain / あたますっきり凸山亭にたどり着く。 x64環境からでもFAT12でフォーマット出来るツールを入手。 私の環境でも自動起動が出来るようになりました。

パーティーションをカメラ、PCごとにfat12,fat32に切り替えながら使うという方法。 なんか一人でアホなことをやってた自分に反省・・・・・。

ファイル、ツール類、必要な物 編集

  1. 最新SDM
  2. sdminst02.zip
  3. sdminst011.zip
  4. CHDK firmware - actual CHDK

参考サイト 編集

はじめに 編集

FATでフォーマットされたSDカードしか、SDM(CHDK)をカメラ電源ONで自動で起動する(Bootable)のことはできません。 また、FATでフォーマットできる最大容量は、2GBです、特殊な方法で4Gまでは、フォーマットできますが、8G/16Gといった大容量のSDカードは、FAT32でフォーマットするしかありません。 一方、TX1で、HD画質を録画する場合は、やはり、4Gまででは容量が少なく、8G/16Gという大容量が使いたいと思います。 という事で、従来、大容量SDカードでSDMを使っていた方は、カメラの電源をONする毎に、Firm updateからSDMを起動し、使用していたと思います。 従来、不可能と思われていた、8G/16GでSDMを自動起動する事が可能になりましたので紹介します。 但し、動作を保証するものではありませんので、これによって、SDカードが使えなくなった等の不具合が生じても、一切の責任は負えませんので、あくまで、自己責任でお試し下さい。

※ここから引用文は囲っていきます。ってかほとんど引用なんですが・・・

ってかめっちゃ安くなりましたねw
価格.COM SDメモリーカード・MMC スペック検索
8Gを1万で購入した漏れは負け組。

基本的な考え方 編集

自動起動は、FATパーテーションからしかできず、保存は、大容量のFAT32パーテーションに行うということで、SDカードを、FAT(2Mバイト)とFAT32(残り容量)の二つのパーテーションに分け、特殊な方法で、通常は、FATパーテーションしか見えない状態にしておき、カメラから自動起動でSDMが立ち上がると、SDMの中で、パーテーションをFAT32側に切り替えられ、画像や動画の保存は、FAT32側に全て保存される。カメラの電源を切るとFAT側に自動的に切り替わり、次も自動起動が可能になります。 しかしながら、カメラの電源を切ると、FAT側に切り替わる為、カードリーダーでPCからこのカードを読んでも、FAT32側に保存した画像/動画は、一切見られません。ということで、記録した画像や動画をPCに取り込む為には、直接カメラとPCをUSBケーブルで接続して読み込むか、カメラの電源を切る前にFAT32側に切り替えるという操作が必要になります。この場合、再度、カメラに接続しても、FAT32側から自動起動できませんので、通常通り、 Firm updateでSDMを起動し、再度、FAT側に切り替える事が必要になります。(これがちょっと煩わしいです) 二つのパーテションに切った後、元の1つのパーテーションに戻したい時は、カメラからSDカードの初期化を行うか、各社が出しているSDカードのフォーマットツールをお使い下さい。

手順 編集

1. SDカードをカメラ本体で初期化
これはPC側からのフォーマットでもOKでした。
2.SDMのページから最新のSDMをダウンロードし、SDカードにコピーする。
CHDKで自動起動させる場合は↑の後にCHDKファイルを上書きコピー。
3.カメラ本体メニューからFirm Updateを選択し、SDMを起動する。
4.SDMのメニューからDebug parameters ->を選択
5."Make card with two partitions"を選択し、ダイアログが表示されたら"Yes"を選択
G7では"Create card with two partitions"を選択し、ダイアログが表示されたら"Yes"を選択
6."Swap partitions"を選択し、カメラの電源を切る。(この状態で、PCからは、FAT32側が見える)
7.カメラからSDカードを取り出し、SDカードをFAT32でフォーマットし、再度、SDMをコピーする。(FAT32側の容量は、オリジナルの容量 - 2MBです)
2.同様にCHDKの人はry
8.本体メニューからFirm Updateを選択し、SDMを起動する。 
9.SDMのメニューからDebug parameters ->を選択
10."Swap partitions"を選択し、カメラの電源を切る。(この状態で、PCからは、FAT側が見える)
11.カメラからSDカードを取り出し、SDカードを今度は、FAT16でフォーマットし、再度、SDMをコピーする。(FAT側の容量は、2MBです)
私の場合はここでfilesdminst02.zipを使いFAT16フォーマット。
12.SDMに同梱されているbootable_mod.exeを実行し、SDカードを自動起動可能にする。
13.SDカードを書き込み禁止(ライトプロテクト状態)にして、カメラにセットする。

以上の設定で、カメラの電源を入れると、SDカードから自動起動し、通常通り、静止画、動画は、大容量のFAT32側に保存されます。

保存したデータの取り込み方 編集

PCとカメラを直接接続するケース 編集

  • 1.SDMのメニューからScripting parameters ->を選択
  • 2.Disable USB Downloadを解除する(●が表示されない状態) 注)これを解除すると、再生モード時のリモートSWでの画像送りができなくなります。
  • 3.SDMを待機状態(ALT表示の無い状態)にし、カメラを再生モードにして、USBケーブルでPCに接続する。
  • 4.PC側から、カメラのデータを取り込めるはずです。

SDカードリーダーで読み込む場合 編集

  • 1.カメラの電源を切る前に、SDMメニューのDebug parameters ->"Swap partitions"を選択し、カメラの電源を切る。

※これをやらないとPC側ではFAT16を認識できずに以下のようになり撮影したデータが見えない。 WS00011canon2.JPG

WS000112.JPG


※"Swap partitions"を選択しFAT32に切り替えてPC側で読ませた場合 WS000114.JPG

WS000115.JPG

  • 2.SDカードリーダーで、通常通り、データを取り込む
このあと、SDカードをカメラにセットして電源を入れても、FAT32側になっている為、自動起動しません。
  • 3.本体メニューからFirm Updateを選択し、SDMを起動する。
  • 4.SDMメニューのDebug parameters ->"Swap partitions"を選択し、カメラの電源を切る。
SDカードのライトプロテクトがかかったままであれば、これで、再度、自動起動できるようになります。

少し、複雑ですが、慣れれば、たいした手間ではないと思います。

SDMInstでは、fat16とfat32のフォーマットと自動起動の設定しかできませんが、正式に公開された暁には、パーティションのスワップもPCからできるようになる予定だそうです。

素晴らしい!! 凸山さん、むっちゃんさんにはいろいろとお世話になりました。

かえってややこしくした感があるレポートになってしまったが自己責任で

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki