FANDOM


Caplio GX100用リモコンCA-1を転用する方法が採用されていますが、 信号モードの不連続性について考慮しますと、 各モード間を移れる機会があり 、それを補完した操作方法を考えました。

他には電源も自動的に遮断するシステムも考えていますが 如何でしょうか?

ラベル 動作 待ち受け の順序で書いてみました。

push button sw to on power on to Initialize

0 init_wait: {30ms_set} [time_up to sleep][SW (half_on or full_on) to half_wait]

1 half_wait: {30ms_set} [time_up to half_output][SW (Both off) to init_wait]

2 half_output: {30ms_set} {half_pluse_output} [time_up to half_off]

3 half_off: {pluse_off} [next full_wait]

4 full_wait; {50ms_set} [time_up to full_output][SW (half_on and full_off) to half_off][SW (Both off) to stop_wait]

5 full_output: {80ms_set} {full_pluse_output} [time_up to full_off]

6 full_off: {pluse_off} [next stop_wait]

7 stop_wait: {30ms_set} [time_up to stop_output][SW (half_on and full_off) to full_wait][SW (full_on) to stop_wait]

8 stop_output: {30ms_set} {stop pluse output} [time_up to stop_2wait]

9 stop_2wait: {pluse_off} {30ms_set} [time_up to stop_2output]

10 stop_2output: {30ms_set} {stop pluse output} [time_up to stop_off]

11 stop_off: {pluse_off} [next init_wait]

12 sleep: power off to sleep_Cpu

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki